170930_1.jpg
Information
new_01_red.gif①pixivBOOTHにて「fourteen years old 侵蝕恋愛 side storyⅠ」ダウンロード頒布開始いたしました。②pixivBOOTHにて「侵蝕恋愛Ⅴ 歴史の花冠」ダウンロード頒布開始いたしました。
③ご用のある方はこちらからどうぞ→mail_02_bla.gif

『千年相姦』三章 クルルーの手紙 シロツメクサの花冠(1/4)

170618_2.jpg

【これまでのあらすじ】
『交配の旅』から七年ぶりに〈千年森〉に帰郷してきたクルルー(キトゥン・18歳)。
養親・レフィナ(自称ニンゲン・年齢不詳)との再会を喜ぶのも束の間、七年の月日は一人と一匹を大きく隔てる。
そんな中クルルーが「レフィナを寝物語で満足させることができたら、レフィナの顔を見せてもらっていい?」と自らの旅の話、『クルルー様の冒険譚』を語り始める。

『クルルー様の冒険譚』の中で語られる、雌キトゥン、コロンとのめくるめく恋模様。美しいパパに優しいママ、コロンの妹コロネ、ご近所のサリー。そしてライバルの雄、ニゲルの不吉な影。面々に翻弄される純朴なクルルー。
しかし話にはからくりがあった。なんとそこで登場する「純朴なクルルー像」は、「ニゲル」という別の雄の姿を騙ったクルルーの捏造だったのだ。
冷たくも美しいニゲルこそが、本当のクルルー像だったのだ。

話を語り合えたクルルーは、養親の顔を見たいという欲求が募るあまり、半ば強引にレフィナに迫ってしまう。ローブを剥いだ下にいたのは、七年前と変わらず若く美しい姿の養親だった。
成長したクルルーとは裏腹に時を止めたように歳を取らない養親。
養親はやはり「キトゥン」ではない。それなら養親は何者なのか。
疑問を募らせるクルルー。
「歴史は繰り返す……」
不穏な言葉を残し寝室から消える養親。
養親はクルルーの話の何に対して「歴史は繰り返す」と評したのか。
『クルルー様の冒険譚』のラストで、大木ごと崖の下に落ちてしまった本物のニゲルの生死は。

今回から始まる第三章は、クルルーがとチコという名前の雌に宛てた手紙で構成されています。
←チコは、コロンのパパがその昔、浮気して作った娘のことです。つまりコロンコロネの異母姉妹に当たる雌です。


これまでとはひと味違う本物のクルルーの語りをお楽しみください。
それでは、どうぞ。


【今回登場する登場人物】
160416_2_20161204203212469.jpg
クルルー(17歳)


三章 クルルーの手紙 シロツメクサの花冠(1/4)


 やあ、チコ。この手紙を君が読むころ、僕はもう君の家にはいないのだろうか。その楢(なら)の木が立っていた庭付きの家に。君も察している通り、僕はこの村にはいられなくなった。このたびの惨事は、本当に申し訳なく思っている。(※管理人注/ニゲルを大木壁ドンで突き落としてしまったこと)不測の事態だ、といい訳する気は毛頭ない。けれど、この村の掟に従うつもりも更々ない。君もそうであるように、僕にはやり残したことがあるから。それがなんであるのかといった野暮な質問を君ならしないこともわかっていた。けれど僕には圧倒的に時間が足りなかった。だから手紙という形で僕の気持ちをこうして記している。僕の身勝手を許してくれ。
 思えば君は、この村に着の身着のままで迷い込んできた僕を最初に受け入れてくれた存在だった。僕はひどく疲弊していた。進めば進むほど空気が薄くなっていくという、想像もしていなかった事態に、僕の身体はすっかり参っていたんだ。君も知っているだろう、僕が〈千年森〉出自だということを。あすこの空気は清浄で澄んでいる。異様なほどにね。そんな環境で育った僕にとって、ここいら一体の若い森の空気の薄さは耐えられなかったんだ。おまけにちょっと下に行けば「町」もある。あれは最悪だ。あんな所へ赴けばたちどころに僕の身体はだめになる。いや、神経のほうが先に参ってしまうだろう。このことからも、養親がニンゲン経由で塩を入手していた、という話は嘘であることがわかる。僕でさえそうなのだから、あの人があんな空気の汚いところへ一人で赴けるわけがない。あの人は僕よりも遙かに長い年月を〈千年森〉で過ごしている。こういったら、君はまたお伽噺だといって、僕をからかって笑うのだろうか。その少し他者を小馬鹿にしたような笑みを浮かべて。だけど事実なんだ。けれど僕がこうやって食い下がるから、君の目にはかえって胡乱に映って見えていたのかもしれないね。僕のことも、養親のことも。
 今さらこんなことをいうのもなんだけれど、君は本当に美しいキトゥンだった。この村にいるどの雌たちよりも。正直いって、これまでもそうしてこれからも君以上に美しいキトゥンに出会えることははないと思っている。……その身体も。
 すらりと伸びた手脚に、肉感を感じさせる豊かな膨らみ、そこから連なるほっそりとした腰に、再びなだらかに広がるのは、小振りの双丘……。それらの肉体を、黒っぽい衣裳で身体の一部のようにしっとりと包んでいる。
 コロンのパパがその昔、君のお母さんに出会った瞬間のことをありありと想像できるようだよ、……コロンのパパ如きに抗えるわけがない。君のお母さんのことは、気の毒だったと思っている。まさかそんな幼少時に行方が知れなくなっていただなんて……。あのときの質問は本当に「愚問」だったと思っている。コロンのパパは、あれでどうして責任をきっちり全うしているつもりだったんだね。


次の更新は7/15(土)を予定しております。

2017-07-01 : 小説・「千年相姦」 : コメント : 16 :
Pagetop

七月から「千年相姦」連載再開します&少し雑感

170627_1.jpg
「千年相姦」毎月1日と15日連載再開予定


皆さんこんにちは。
毎日じめじめした日が続いておりますがいかがお過ごしでしょうか。

以前お知らせしていました通り、七月より「千年相姦」連載再開いたします。
とりあえず月二回連載でゆっくりのんびり連載再開しようと思います。

このブログを開設した当初は、「広く浅く」をモットーに、自分にしてはたくさんの方に積極的にお声がけさせていただいたりもしました。ですがやはり自分は、波長の合う方と狭く深く交流するほうが向いているようです。

自分の性格的に、一度お知り合いになったブロガー様とは、過去記事も全部読んでその人となりを知った上で交流したい、というのがあります。

また、長年の睡眠障害を煩っておりまして、ポテンシャルを最大限発揮できない毎日を日常的に送っております。

これらの理由からどうしても反応が遅くなりがちです。
ごめんなさい。
それと水面下で執筆中の「侵蝕恋愛」ですね。

こんな感じなので、活発な交流はできないかもしれないですし、皆さんの記事にも即座に反応はできないかもしれないのですが、その分深くじっくりおつきあいできたらいいなと思っておりますので、こんな交流スタイルでもいいよという方いらっしゃいましたら、よろしくしてやって下さると嬉しいです。

生きにくさだったり人との距離感だったり、生と性の意味だったり、そんなこんなをクルルーを通して皆さんと一緒に考えていけたらと思っております。
これまで読んで下さっていた方も途中参加の方もお気軽にのぞいていってくださいね。
よろしくお願い申し上げます。
2017-06-27 : ■連絡事項 : コメント : 16 :
Pagetop

あさぎさんにハンドメイド作品頂きました

170525_1.jpg
「とりあえず、書いてみたヲタブログ」のあさぎさんに
ハンドメイド作品を頂きました。

あさぎさんにはもう何度もハンドメイド作品を頂いているのですが今回頂いたものもその一つで、こちらは、薔薇モチーフのイヤリングです。
「テニスの王子様」の跡部圭吾をイメージして作られたそうですが彼のイケイケなイメージにぴったりのアクセですね。
あさぎさんのブログで紹介されているところを一目惚れして譲っていただいたのでした。





170525_2.jpg
こちらは、猫モチーフのストラップ。
きゃわえぇぇぇぇ……
こちらは、おまけで付けて下さった一品で、まさかのサプライズにびっくり。
猫モチーフ大好きなのでテンション上がりまくりでした。
わたしの未だ現役のガラケーに付けさせていただきたく思います!

包装もショップみたいにオサレでな……
写真撮る前に包装解いてしまったのでお見せできないのが残念なのですが、厚手のクラフト紙に赤糸で固定されたそれはそれは可愛い個包装だったのですよ……他にも女子力の要・マスキングテープも使っておられた……あさぎさんはいつもこのような細やかな気遣いが素敵なブロガー様です。

あさぎさんはイラストや編み物作品を中心に日常の日記も綴られているブロガー様です。
そんなあさぎさんのブログはこちら→「とりあえず、書いてみたヲタブログ」
ご訪問の際はマナーを守ってお願いしますね^^

あさぎさん、このたびは素敵なお品をお譲り下さり誠にありがとうございました。
ご無理なさらず、これからも素敵なイラストや編み物作品を綴られていってくださいね。
2017-06-25 : 頂きもの : コメント : 10 :
Pagetop

七月の予定など

皆様こんにちは。
先日は皆様励ましのお言葉や応援のお言葉の数々誠にありがとうございました。
改めて、わたしは皆さまの優しさに支えられてるのだなあ……と実感した次第です。

PIYOにも少し記載したのですが、皆様の励ましのおかげもあって、七月を目処にブログを通常運転に戻したいなあ……という気持ちが芽生えてきました。
ただ、水面下で執筆中の「侵蝕恋愛」との兼ね合いもあるので、こちらに集中すべきと判断した場合は、またお休みを頂く場合もあるかもしれません。申し訳ございません。

とりあえずリハビリも兼ねて七月いっぱいだけでも「千年相姦」の連載を再開してみようかなと思いました。
休止中も変わらず「千年相姦」を楽しみですとお声がけくださった方々、また見守ってくださった方々、本当にありがとうございました。

あくまで予定でまだ確定ではないのですが、とりあえず報告がてらお知らせまで。
ひとまずこの記事もコメント欄解放してみました。

P.S/おそらくTwitterのフォロワーさんかブロ友様のどなたかだと思うのですが、六月にラインスタンプ購入して下さった方、ありがとうございます! お申し出下されば改めて御礼にうかがわせていただきたく思います^^

2017-06-16 : ■連絡事項 : コメント : 20 :
Pagetop

近況報告

皆様こんにちは。
先日は「fourteen years old 侵蝕恋愛 side storyⅠ」のダウンロード及び♥マークポチなど本当にありがとうございました。
また、Twitterのフォローもありがとうございます。
ブログ以外にTwitterされている方々が多くてびっくりしています。見慣れたお名前の方がちらほらおられ、1人でにやにやしてました。Twitter使い慣れていないうえに、タイムラインあまり追えていないのですが、これからも皆様のペースでおつきあいいただけますと幸いでございます。

これまで創作に邁進してきたので最近さすがに創作疲れが出てきています。
それで、伝えるなら今だと思ったので、近況など。

まずは皆様にはご迷惑をおかけしていることを重ね重ねお詫び申し上げます。
足跡見ていると毎日来られている方々もいらっしゃって本当に申し訳なく思います。

わたしが昨年末、突如ブログを休止したのは、創作上の事情によるものですが、実はそれ以外にも、一言では説明し辛い複雑な事情があったからです。
で、ようやくその出来事が自分の中で氷解しつつあって、コメント欄の解放を……と思わないでもないのですが、活発な交流をするにはおおよそ心が膨らんでいるとはいい難い状態なので、もう少しお時間ください。申し訳ございません。

その昔、「音速形而上少年」という創作ブログを運営していた頃(2011年頃)は、自然な形で交流も創作も楽しめていました。
今はなんでこんなにこじらせてしまっているのか。
理由はいろいろあるのですが、一番は
「実力を伴わない自身の作品への妙な自信とプライド」
が邪魔をしているからなんだと思います。
実力が伴っていないからこそ「プライド」を掲げているともいえる。
弱い犬ほどよく吠えますからね……

ただ、こういった気持ち自体は悪いことではないと思っているので、この困った自意識過剰とどうやって付き合っていくかが今後の自分の(永遠の)課題となるのでしょう。

というか、皆様におんぶにだっこ状態で本当に心苦しいのです。
心の整理がついたらまた「音速〜」の頃みたいに交流と創作の両輪でブログを走らせたいという気持ちだけはあるので、長い目で見守っていただけますと幸いでございます。

六月に入りましたね。
中途半端な季節、体調には気をつけてお過ごしくださいね。
ここまでおつきあい下さり誠にありがとうございました。
2017-06-08 : ■連絡事項 :
Pagetop

「fourteen years old 侵蝕恋愛 side storyⅠ」ダウンロード頒布開始いたしました

170604_1.jpg
〈STORY〉
こいつ男かな、女かな。
〈ラ・ルーナ〉の港で小遣い稼ぎをするラウルは、
『勘定台』越しに今日も世間の荒波を見つめる。
すべてが曖昧だったあの頃、
けれどそれが許される時間は確実に過ぎ去ろうとしていた。
ラウル視点で描かれるケイとの出会いを描いた「侵蝕恋愛」初の番外編。


pixivBOOTHにて「fourteen years old 侵蝕恋愛 side storyⅠ」ダウンロード頒布開始いたしました。
本作品は、COMITIA110で発行した紙書籍版を電子書籍版に編集し直したものとなります。
「侵蝕恋愛Ⅳ 恋人たちの契約」ともリンクする内容になっておりますので、暇で暇で暇でもひとつ暇でたまらんわーって方、是非どうぞ。

A6文庫版/60p (本作品は小説作品となります)
※なお当作品はPDF作品となりますので、PDF閲覧可能なアプリやソフトを別途ご用意ください。フリーソフトがweb上で無料ダウンロードできるようです。
例:Adobe Acrobat Reader DC等

最後になりますが、Twitterフォローしてくださった方々、のぞいてくださった方々、ありがとうございました!
2017-06-04 : ■連絡事項 :
Pagetop

Twitter始めました

ちょこっとお知らせです。
Twitterを……というかアカウントだけはだいぶ前に作っていたのですが、このたび稼動することにあいなりました。
とはいっても呟くことはほとんどないと思いますが、イベントでお知り合いになった作家さんとの連絡ツールとして、イベント前の販促用として活用できたらと思っております。
時代は個人サイトよりも確実にTwitterに流れてまして、ブログにこもってばかりでもあれなので、これを機にTwitterにも少し足を伸ばしてみようかと思った次第です。
HPやブログの更新のお知らせも流す予定なので、興味ある方はのぞいてみてください。
よろしくお願い申し上げます。

Twitterアカウント→@lunefleurage1
2017-06-01 : ■連絡事項 :
Pagetop

たらこさんに素敵なイラスト頂きました!


やっとご紹介することができました。
もうずいぶん前になるのですが、「めざせ!脱サラ漫画家」のたらこさんにイラスト頂きました。
こちら、「千年相姦」から二章のヒロイン(?)コロンとニゲルです。
ニゲルは幽霊さんになっちゃいました……そうです、本編で生死が不明だったニゲルですがこんなことになっちゃってたんですね〜
たらこさんの絵柄はかわいらしいのにコロンのせりふが毒入ってます(笑)
このようにたらこさんはその作品の特徴を捉えてギャグに落とし込むのが天才的に上手なんです!
たらこさんは「ひまわりシティー」を舞台にした笑いあり涙ありエロ(?)ありの四コマ漫画を連載されていらっしゃるブロガー様です。80年代の雰囲気がお好きなようで、80年代生まれの人には懐かしいネタもちらほら(笑)
そんなたらこさんの四コマが読めるブログはこちら→「めざせ!脱サラ漫画家」
ただいま最終章「ひまわりシティーを救え」を鋭意連載中!
みてくれなきゃ逮捕しちゃうぞ♥
たらこさん、このたびは本当にありがとうございました!
勝手にプロフ画像に設定しちゃいましたけどよかったですか!?
お休みの間だけでもよかったら使わせてください(小声)
2017-05-25 : 頂きもの :
Pagetop

お知らせいろいろ

皆様こんにちは。
ご無沙汰しております。
お元気でお過ごしでしょうか。
今日はお礼とお知らせを兼ねて更新です。

まずは「侵蝕恋愛Ⅴ」のダウンロード及び応援のお言葉を誠にありがとうございました。
既刊をちらほらダウンロードしてくださっている方々もいらっしゃるようで、こちらもありがとうございます。
おそらくブログのお友達のどなたかだと思うのですが、この場を借りて御礼申し上げます。

それから、LINEスタンプですね、こちらも、随分長いこと放置していたのですが、最近何名かの方が購入してくださったようでお知らせが届いてました。
おそらくこちらも、ブログのお友達のどなたかだと思うのですが、この場を借りて御礼申し上げます。(お申し出くだされば個別にお礼にうかがおうと思っております)

それから、最後に。
とあるブロ友様からずいぶん前にイラストを頂いていたのですが、諸事情ありご紹介が後手に回ってました。こちらも、追ってご紹介させていただきますのでもう少々お待ちくださいね。

執筆に全力疾走してきたせいか、最近さすがに息切れしているのですが、ここがふんばりどきだと思って頑張ります。
皆様には不義理を重ねてしまい本当に申し訳ない限りなのですが、もうしばらくお時間をくださいませ。最近なんだかこればっかり言ってますね(^^;)

以上です。
ここまでお読みいただきありがとうございました。
2017-05-22 : ■連絡事項 :
Pagetop

「侵蝕恋愛Ⅴ 歴史の花冠」ダウンロード頒布開始いたしました

hyoshi_7.jpg
〈STORY〉
『セイレン』と接触したことでケイの秘められたる過去と記憶が
急速に解き明かされていく。
彼が孤児院『太陽の家』で見たものとは。
彼はセイレンの姿に何を見るのか。
物語は最終章へ向けて加速していく。


pixivBOOTHにて「侵蝕恋愛Ⅴ 歴史の花冠」ダウンロード頒布開始いたしました。
ブログで連載していた番外編「侵蝕恋愛 side storyⅢ 双卵少女」をお読みいただきますといっそう楽しめる内容になっておりますが、そうでない方にも十分に楽しめる内容になっているかと存じます。

今巻の見所はずばり、セイレンです。
暇で暇で暇でもひとつ暇でたまらんわーって方、是非どうぞ。

A6文庫版/168p (本作品は小説作品となります)
※なお当作品はPDF作品となりますので、PDF閲覧可能なアプリやソフトを別途ご用意ください。フリーソフトがweb上で無料ダウンロードできるようです。
例:Adobe Acrobat Reader DC等

それから、例によってすぐに「侵蝕恋愛Ⅵ」の執筆に入りますので、引き続き創作モードでブログ運営させていただきます。皆様には重ね重ね不義理を重ねてしまいますが、もう少々お時間ください。申し訳ございません。
よろしくお願い申し上げます。
2017-04-23 : ■連絡事項 :
Pagetop
« 前のページ  ホーム  次のページ »

プロフィール

canaria

Author:canaria

イラストと小説でオリジナルの世界観を表現しています。上の画像はたらこさんがまたまた描いて下さったものです。今回はこちら方面から攻めてこられました。夢のコラボですね。ケイがとっても耽美で素敵です。瞳の色も設定の琥珀色を踏襲されてて感激しました。たらこさんいつもありがとうございます。初めましての方はこちらをどうぞ。

twitter.pngpixiv.pngtinami.png

PIYO

HP

Nymphe(ニンフェ)名義の本家HPです。ここを見て興味を持って頂けたらこちらも覗いて頂けると嬉しいです。

電子書籍

pixivBOOTHにて
無料ダウンロード頒布中。

92181778233ecfa0143b8e8a1ef4a33fbe9b-f.jpg
『侵蝕恋愛Ⅰ紅き瞳の双花』
この世に居場所のない二人は、互いに何を求め、何を互いに見出したのか。
160704_1.jpg
『侵蝕恋愛Ⅱ蜜月』
ケイは路地裏で出逢った両性具有の少女の「片割れの性」に溺れ込むーー。
『侵蝕恋愛Ⅲ孤児院日誌』
ファーンは明け方の海で亡き母に瓜二つの少女セイレンに出会うーー。
『侵蝕恋愛Ⅳ恋人たちの契約』
一冊の手記がケイを過去へとからめ取るーー。
hyoshi_7.jpg『侵蝕恋愛Ⅴ歴史の花冠』『太陽の家』でケイが見たものとは。

外部リンク



banner_s.png
poplsbn2.gif
banner.gif

ブログパーツ

ブログ開始から

webアンソロジー季刊誌「carat!」(※休刊中)

素敵な作品をありがとうございました。
20160320.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.1 創刊号
20160524.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.2 夏号
20160924_1.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.3 秋号
20160924_2.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.4 冬号

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム