170930_1.jpg
Information
new_01_red.gif①pixivBOOTHにて「fourteen years old 侵蝕恋愛 side storyⅠ」ダウンロード頒布開始いたしました。②pixivBOOTHにて「侵蝕恋愛Ⅴ 歴史の花冠」ダウンロード頒布開始いたしました。
③ご用のある方はこちらからどうぞ→mail_02_bla.gif

『千年相姦』三章 クルルーの手紙 シロツメクサの花冠(1/4)

170618_2.jpg

【これまでのあらすじ】
『交配の旅』から七年ぶりに〈千年森〉に帰郷してきたクルルー(キトゥン・18歳)。
養親・レフィナ(自称ニンゲン・年齢不詳)との再会を喜ぶのも束の間、七年の月日は一人と一匹を大きく隔てる。
そんな中クルルーが「レフィナを寝物語で満足させることができたら、レフィナの顔を見せてもらっていい?」と自らの旅の話、『クルルー様の冒険譚』を語り始める。

『クルルー様の冒険譚』の中で語られる、雌キトゥン、コロンとのめくるめく恋模様。美しいパパに優しいママ、コロンの妹コロネ、ご近所のサリー。そしてライバルの雄、ニゲルの不吉な影。面々に翻弄される純朴なクルルー。
しかし話にはからくりがあった。なんとそこで登場する「純朴なクルルー像」は、「ニゲル」という別の雄の姿を騙ったクルルーの捏造だったのだ。
冷たくも美しいニゲルこそが、本当のクルルー像だったのだ。

話を語り合えたクルルーは、養親の顔を見たいという欲求が募るあまり、半ば強引にレフィナに迫ってしまう。ローブを剥いだ下にいたのは、七年前と変わらず若く美しい姿の養親だった。
成長したクルルーとは裏腹に時を止めたように歳を取らない養親。
養親はやはり「キトゥン」ではない。それなら養親は何者なのか。
疑問を募らせるクルルー。
「歴史は繰り返す……」
不穏な言葉を残し寝室から消える養親。
養親はクルルーの話の何に対して「歴史は繰り返す」と評したのか。
『クルルー様の冒険譚』のラストで、大木ごと崖の下に落ちてしまった本物のニゲルの生死は。

今回から始まる第三章は、クルルーがとチコという名前の雌に宛てた手紙で構成されています。
←チコは、コロンのパパがその昔、浮気して作った娘のことです。つまりコロンコロネの異母姉妹に当たる雌です。


これまでとはひと味違う本物のクルルーの語りをお楽しみください。
それでは、どうぞ。


【今回登場する登場人物】
160416_2_20161204203212469.jpg
クルルー(17歳)


三章 クルルーの手紙 シロツメクサの花冠(1/4)


 やあ、チコ。この手紙を君が読むころ、僕はもう君の家にはいないのだろうか。その楢(なら)の木が立っていた庭付きの家に。君も察している通り、僕はこの村にはいられなくなった。このたびの惨事は、本当に申し訳なく思っている。(※管理人注/ニゲルを大木壁ドンで突き落としてしまったこと)不測の事態だ、といい訳する気は毛頭ない。けれど、この村の掟に従うつもりも更々ない。君もそうであるように、僕にはやり残したことがあるから。それがなんであるのかといった野暮な質問を君ならしないこともわかっていた。けれど僕には圧倒的に時間が足りなかった。だから手紙という形で僕の気持ちをこうして記している。僕の身勝手を許してくれ。
 思えば君は、この村に着の身着のままで迷い込んできた僕を最初に受け入れてくれた存在だった。僕はひどく疲弊していた。進めば進むほど空気が薄くなっていくという、想像もしていなかった事態に、僕の身体はすっかり参っていたんだ。君も知っているだろう、僕が〈千年森〉出自だということを。あすこの空気は清浄で澄んでいる。異様なほどにね。そんな環境で育った僕にとって、ここいら一体の若い森の空気の薄さは耐えられなかったんだ。おまけにちょっと下に行けば「町」もある。あれは最悪だ。あんな所へ赴けばたちどころに僕の身体はだめになる。いや、神経のほうが先に参ってしまうだろう。このことからも、養親がニンゲン経由で塩を入手していた、という話は嘘であることがわかる。僕でさえそうなのだから、あの人があんな空気の汚いところへ一人で赴けるわけがない。あの人は僕よりも遙かに長い年月を〈千年森〉で過ごしている。こういったら、君はまたお伽噺だといって、僕をからかって笑うのだろうか。その少し他者を小馬鹿にしたような笑みを浮かべて。だけど事実なんだ。けれど僕がこうやって食い下がるから、君の目にはかえって胡乱に映って見えていたのかもしれないね。僕のことも、養親のことも。
 今さらこんなことをいうのもなんだけれど、君は本当に美しいキトゥンだった。この村にいるどの雌たちよりも。正直いって、これまでもそうしてこれからも君以上に美しいキトゥンに出会えることははないと思っている。……その身体も。
 すらりと伸びた手脚に、肉感を感じさせる豊かな膨らみ、そこから連なるほっそりとした腰に、再びなだらかに広がるのは、小振りの双丘……。それらの肉体を、黒っぽい衣裳で身体の一部のようにしっとりと包んでいる。
 コロンのパパがその昔、君のお母さんに出会った瞬間のことをありありと想像できるようだよ、……コロンのパパ如きに抗えるわけがない。君のお母さんのことは、気の毒だったと思っている。まさかそんな幼少時に行方が知れなくなっていただなんて……。あのときの質問は本当に「愚問」だったと思っている。コロンのパパは、あれでどうして責任をきっちり全うしているつもりだったんだね。


次の更新は7/15(土)を予定しております。

関連記事
2017-07-01 : 小説・「千年相姦」 : コメント : 16 :
Pagetop
コメントの投稿
非公開コメント

こんにちは

たしかに、今までの語りと
今回の語りは雰囲気が違いますね

今までよりもより性といいますか大人の男みたいなものがある感じで
チコさんへの君以上のキトゥンには会えない…その身体も。や肉感を~とか
より生々しい表現をするようだから
手紙からそう感じたのかも知れませんね☆
2017-07-01 : 荒ぶるプリン URL : 編集
コメント返信です。荒ぶるプリンさんへ
プリンさんさっそくお読みくださりありがとうございます(;つД`)
おお、大人の男っぽい雰囲気感じ取っていただけたということで
嬉しいです。
今までの童話のキャラみたいなクルルーはフェイクでしたが、
書いててあんま面白くなかったです( ̄∇ ̄;)
やっぱりこういう、クールキャラのほうが筆が乗りますね。
ですよね、こじらせ方が文学系というか、年齢にしてはねちっこい
表現してますよね(笑)
2017-07-01 : canaria URL : 編集
祝! 連載再開
こんにちは。

お待ちしていましたよ〜。

クルルーの見かけと言動の不整合の真実が明らかになった前回ですが、ここからは(どこまで真実か疑心暗鬼になりつつも)クルルーにとってコロンよりも特別な存在だったらしいチコのことが少しずつ明らかになるようですね。

チコのお母さんが行方不明になっていたというのも、大事なポイントなのかもしれません。どんなキトゥンで、コロンのパパと何があったのか、過去のことも同時に追う必要があるのかな。何れにしてもクルルーのお手紙を注意深く読む必要がありそうですね。

それに。ニゲルの件を考えると、チコが後ろ向いているのもポイントかも?

あ。答えを要求しているわけではないので、答えにくいことはスルーしてくださいね。

この章は手紙仕立てですけれど、「郷愁の丘」も手紙がとても大事な役割を果たすシーンが多いので「おお。ぷちシンクロしている!」とちょっと嬉しくなりました。手紙シーンって、普通の記述と違って、難しいですよね。説明臭くならずに、大切な情報をきちんといれて、さらに本人の視点や性格もかき分けなくてはならないので、たくさん手紙を書いてずいぶん勉強になりました。クルルーの手紙も、そんな経験から、いろいろな観点に注目して読んでみようと思います。

そして、トップ絵、いいですね。
お話が「シロツメクサの花冠」でそれに合わせて七月のトップ絵は爽やかな花冠になっているのですね。こういう細かいところをみると、やっぱり絵を描けるっていいなあと思ってしまいます。
2017-07-01 : 八少女 夕 URL : 編集
コメント返信です。八少女 夕 さんへ
夕さんコメントありがとうございます!
お休みの間も温かく見守って下さりありがとうございます。
おかげさまでゆっくりペースながらも連載再開することができました^^

早速噓発見というかなんというか、そうです、仰る通りクルルーにとってよほど
大事だったのはコロンよりこのチコという雌でした。
チコは『クルルー様の冒険譚』の終盤に登場した雌ですけれど、自傷癖があって
パパの隠し子で、絶世の美少女で、それでいてニゲル(本物のクルルー)と同棲していた……って設定の雌ですよね。

クルルーはですね、きっと、レフィナにチコとのことをあまり語りたくなかったんじゃないかと思います。だから『クルルー様の冒険譚』でも、「ニゲル」と同棲しているという設定にして、彼女の存在感をぼかしたんじゃないかと。
なんで隠しておきたかったかというと、単純に後ろめたかったから(笑)
でもレフィナは勘が鋭いので、とっくにクルルーの気持ちはお見通しです。
で、クルルーがチコとただならぬ仲だったということが、のちのちレフィナとの関係にひびを入れることになります。
チコのイラストが後ろ向きなのは、彼女が最後まで直接登場しないからというのもあるし、クルルーの後ろめたさの象徴でもあるし、あと一番はこれだと思うんですけれど、レフィナの、息子にまとわりつく見えざる女の影にムキーっ! の表れですね。姿形が分からないからこそいっそう想像力がかき立てられるといったような。このレフィナのムキーっ! は、「四章 レフィナの感想」で明らかになります。章題からしてまんまなんですけれどね(笑)

手紙ですが、おお、「郷愁の丘」でも手紙が!
これは、シンクロシニティーですね〜d(*´∀`)b
「郷愁の丘」を拝読する前にまずは「十二ヶ月のアクセサリー」シリーズをと思って読ませていただいているのですが、そちらはそんなことになっていようとは……
手紙ってことは二人が離ればなれになるとかそんな状況になるのかな?
更にぐるぐるの予感が……
わたしの場合は手紙形式に落とし込むことで突破口を開けたのですが、本来難しい道具であるところの手紙がたまたま上手く活用できたのは、クルルーの「レフィナにチコのことあまり語りたくない」という気持ちと手紙のもつ特質がうまくリンクしたからなのかなあ、と思います。
「郷愁の丘」では手紙がどんな位置づけで登場するのかこれはいっそう楽しみですね〜d(*´∀`)b

トップ絵、ぎりぎりでしたけどなんとか間に合いました。
仰る通り三章のイメージです。
今までずっとイラストお休みしていたんですけれど、これからは小説の負担にならない範囲で絵もぼちぼち発表していけたらいいなあと思います。
わたしの絵は本当に未熟であれなんですけれど、絵をお褒めいただきありがとうございます!

仰るようにこの三章の手紙は、二章の伏線の回収と同時にこれからの伏線の掲示もあり(行方不明のチコママとかコロンパパの過去とか)いろいろと目が離せない章になっているかと存じます。
なのでそのように気にかけていただきとっても嬉しかったです!
次の更新は二週間後で、一回の文字数も2000字以内で話の流れがわかりにくくなるかとも思うのですが、ゆっくりのんびり更新していこうと思いますので、夕さんのペースで今後もおつきあいいただけますと幸いでございます。
コメントありがとうございました(^-^)
2017-07-01 : canaria URL : 編集
No title
ついに連載再開ですね。
おめでとうございます♪
今回はクルルーがチコに宛てた手紙からスタートしましたが、
いつもとはだいぶ口調も違って、
まるで別人のようですね。
今まではレフィナの聞かせていた話では、
気の弱いような感じで話していましたが、
今回の手紙からは真逆の印象を受けますね(・ω・)
2017-07-01 : ツバサ URL : 編集
No title
canariaさん、こんばんぽ(*´∀`*)ノん

えっ!?
ここで終わりなのですか!!(笑)

クルルーの本命はコロンではなくてチコにあったのですね。
大本命、レフィなは除く・・・
確かにコロンは甘やかされて育ったちょっと世間知らずなお嬢さんな感じでしたから。
だからニゲルが尚更、コロンに合っていた気もします。
クルルーにとってのコロンは何となくいけ好かないニゲルから優越に立つための道具もしくは男の本性である性の対象だったような気がします。
と考えるとやはり「コロンのバカー」ですね(笑)

レフィナの正体も謎ですがチコのお母さんもキーパーソンな気もしますね。
コロンのパパがかなり胡散臭くなってきてますがさてはチコママ殺したでしょ?( ^艸^)

ヤフオクは僕もやっておりますよ♪
ある程度、この品物はここまで出せるという設定を自分の中で決めて落とします。
この品物だったら3000円までとか。
自分の中での品定めですね。
引き際も大事なんです。
一回、ムキになって競り合いしてけっこうな値段で向こうが引き下がったときのやってしまった感が(´Д`;)
後はコンビニとかでTポイントを貯めて挑戦するのもいいですよヽ(´▽`)/
見逃してもしばらくするとまた一緒の商品が出てるケースが多いのでつねにチェックですね。
2017-07-01 : たらこ URL : 編集
コメント返信です。ツバサさんへ
ツバサさんお祝いのお言葉&コメントありがとうございますd(*´∀`)b
今までと違って強気な発言ですよね。
女性が思い描く典型的なクール美形キャラのキャラ造形ですよね(笑)
自分の理想をぶち込んでみました。
レフィナの前では無意識に子どもっぽい気持ちになってしまうというのも
あるのかもしれませんね〜
レフィナの前ではいつまでも可愛いクルルーのままでいたいけれど
月日は確実に流れていて、外ではこんな対応をしていたと。
こんな感じであと三回手紙の回が続くのですが、引き続きイケイケな
クルルーの語りをお楽しみいただけますと幸いでございます(´∀`)
2017-07-02 : canaria URL : 編集
コメント返信です。たらこさんへ
たらこさんおはようぽ(*´∀`*)?ん
そうなんですよ可愛い、それは可愛い、可愛い(三回言った)猫の置物
が300円で出品されていて、10時間切っても誰も入札する人がいなかったから
しめしめと思って大あぐらかいて入札していたら、終了二時間前になって
新規入札者が現れたんですよ。しばらくパソコンの前で「何さらしとんじゃこの※☆↓↑▼◇※」と耳汚い言葉を口走っていたのですが、終了間近に10円上乗せで
かっさらえばよかろうと思ってたら、お相手が結構な手練だったみたいで、
自動入札? というのを設定されてたらしく、更新しても更新しても
上限に届かなくて150円くらい上乗せしてやっと最高落札者になったんですよ。
したらまたその人が自動入札でかち込んできまして
うおおおおおおのれ何さらしとんじゃ〜〜〜〜ってなって
500円、500円までならいけるとか思って俺もぶっ込んだんですけれど
自動入札更新のオンパレードにあって、金欠だったのもあって諦めたのでした。
けっこうな値段でお相手が引き下がってしまった感、あるあるですね〜(;´∀`)
Tポイントですが、300ポイントたまってたのでそのポイントで300円競り落とそうと思ってたんですよ。いや300円500円界隈で何ネチネチやってんだって話なんですが(笑)

って俺のヤフオク話はどうでもいいんですが、
早速お読みくださりありがとうございます\(⌒日⌒)/
しかももっと続きを読みたいような嬉しい発言をありがとうございます。
え、もっと読みたかったですか? 閲覧者様に負担がかからないようにと
2000字以内に納めたのですがたらこさんがそんな催促するならもっと
かち込めばよかった〜(/ω\*)

たらこさんが仰る通り、コロンは純粋な性の対象だったしニゲルへのあてつけの
道具でした。さすがたらこさん鋭い洞察力ですね〜さすが恋愛マスターd(*´∀`)b
そう思うとコロンは確かにバカですね。本当に自分を愛してくれる人の手を振り払ってクルルーの誘惑に乗ってしまったのですから。コロンはホストのころっとだまされるタイプですね(;つД`)

レフィナが歳を取らない設定、脇においやられがちですが、レフィナの正体にも
思いを馳せていただけて嬉しいです。
それから、チコママですが、彼女はチコとセットでかなりのキーパーソンです。
ってコロンパパ浮気した上に殺すってどんだけクズなんすか(笑)クズofクズじゃないすか。
ちなみに次回は、パパのクズぶりが少しだけお目見えです。あの人、現在進行形でゲスの極みな行動してますから。必見です。
2017-07-02 : canaria URL : 編集
No title
純朴なクルルーさんが…騙されました><
こうやっていろいろな女性を騙して…
じゃなくて真実はずっとこのキャラだったんですよね
カップルってこんなことを言い合うんでしょうか…あうあうあ…///
絵本の王子様とお姫様もクルルーさんと同じで実は…?あうあうあ…///
2017-07-03 : ダメ子 URL : 編集
コメント返信です。ダメ子さんへ
ミエちゃんやモテくんに揉まれて免疫がついたかと
思ったけれどダメ子っちはダメ子っちのまんまでしたね///
もうすぐ夏休みに入りますけどクラスの女子も夏休みは
海であんなことやこんなことをして新学期は……って想像すると
今から憂鬱ですね><
でも実際こんなこという高校生カップルいたらドン引きだと
思います。
絵本は、グリム童話とか原本的なのはエロティックグロティックの
オンパレードですから……
千年相姦も、千年後ぐらいにエッチな童話として語り継がれてたりして……
2017-07-03 : canaria URL : 編集
No title
こんにちは

トップ絵がさわやかな感じの花冠になってますね
色も涼しげで触るとひんやりしそうですね☆

まだ梅雨があけずにじめじめ><
早く梅雨明けしてほしい限りですね
2017-07-04 : 荒ぶるプリン URL : 編集
コメント返信です。荒ぶるプリンさんへ
プリンさんこんばんは
トップ絵お褒めいただきありがとうございます!
三章のイメージということで、突貫工事ですが
作ってみました☆
涼しげだということで清涼感を感じていただけた
ようで嬉しいです^^
こちらは今日台風で一瞬だけ涼しかったのですが
過ぎさったので明日からまたじめじめ暑くなりそうです(笑)
2017-07-04 : canaria URL : 編集
No title
お、連載再開ですね~~!!
おめでとうございます~~~~!!!
心から祝福申し上げます。
ヾ(@⌒ー⌒@)ノ



クルルーめ。
手紙だからって、自分を格好よく書いてますね~~。
まあ、手紙だと自分を飾りやすいですからね。
美談に書いてしまうものですよね。
良くも悪くも。
(*´з`)

2017-07-06 : LandM URL : 編集
コメント返信です。LandMさんへ
LandMさんお祝いのお言葉ありがとうございます\(⌒日⌒)/
おかげさまで連載再開とあいなりました。
ゆっくり更新ですがこれからもよろしくお願いします(^-^)/

クルルーも思春期ですからね、養親以外の
雌の前ではこんなふうにすかしてるんでしょうね。
ですね、手紙ってわたしもそうですがなんとなく自分を
脚色してしまう気がします。
ネットとかでもそうなんですが、文字にした途端現実の
自分とはちょっと違う自分が見えたりしておもしろい
ものですよね(´∀`)

クロン様のお話二章の半分位まできました。
またコメント書き込みにまいりま〜す(^-^)ゝ
2017-07-06 : canaria URL : 編集
No title
今更ながら、これまで語ってきたクルルー像はニゲルで、ニゲルがクルルーだったということなんでしょうか。
クルルーは最初からチコ一途だったということなんでしょうか。
一見した限りではチコも長身のシルエットがクルルーに似てますね。
クルルーは実は誰とも関わらずに、一種の二重人格状態になっていて、チコという女性を演じていたのかなとか妄想が拡がってしまいました(^-^;)
クルルーの人格が統合された時点で第2の人格だったチコも消えたので、この手紙を見る時点ではぼくはいないだろう、といってるのかなとかおかしな想像をしてしまいました。
クルルー像はクールかと思いきやクルクル変わるので、
自分にはいささかつかみどころのないキャラクターに見えますf(^_^;)
最後が駄洒落みたいで済みませんでした(^_^;)
(結局これがいいたかっただけだったりして)
2017-07-09 : ponch URL : 編集
コメント返信です。ponchさんへ
ponchさんお返事遅くなってしまってすみません!(´Д`;)ヾ ドウモスミマセン
コメントありがとうございます。
ずいぶん長い間お休みいただいておりましたが
お読みくださりありがとうございます!

そうですそうです、仰る通り「クルルー様の冒険譚」で登場していた
純粋で素朴な性格のクルルー像は、本物のニゲルをモデルに
クルルーが捏造したもので、影のように登場する陰湿で嫌味な
野郎こそが本当のクルルー像でしたw
お、チコとクルルー似てる感じしますか?
ponchさん鋭いですね〜( ´∀`)bグッ!

このお話はクルルーの一人称でお話が進んでいるので
客観的視点が欠けています。なので閲覧者様はクルルーの
語りを頼りに読み進めるしかないのですが、このクルルーの
語り自体虚実入り交じったものなので、クルルーを掴みどころが
ないと仰っていただけて本望です(笑)
クルルーはある意味普通に二重人格ですよね。養親レフィナの前ではいいこぶりっこして、他の雌の前ではすかしてますから……

チコについてですが、いろいろ考察してくださりありがとうございます!
チコとクルルーは容姿や雰囲気もですが、背中合わせで似た者同士という
裏設定があるので、ある意味クルルーとチコは同一といってもいいかもしれませんね〜d(*´∀`)b

クルルーのクルクル変わるめくるめくクールな姿を
いろいろ考察いただきありがとうございます♪
(わたしもクルクルいいたかっただけでしたv)
2017-07-10 : canaria URL : 編集
Pagetop
« next  ホーム  prev »

プロフィール

canaria

Author:canaria

イラストと小説でオリジナルの世界観を表現しています。上の画像はたらこさんがまたまた描いて下さったものです。今回はこちら方面から攻めてこられました。夢のコラボですね。ケイがとっても耽美で素敵です。瞳の色も設定の琥珀色を踏襲されてて感激しました。たらこさんいつもありがとうございます。初めましての方はこちらをどうぞ。

twitter.pngpixiv.pngtinami.png

PIYO

HP

Nymphe(ニンフェ)名義の本家HPです。ここを見て興味を持って頂けたらこちらも覗いて頂けると嬉しいです。

電子書籍

pixivBOOTHにて
無料ダウンロード頒布中。

92181778233ecfa0143b8e8a1ef4a33fbe9b-f.jpg
『侵蝕恋愛Ⅰ紅き瞳の双花』
この世に居場所のない二人は、互いに何を求め、何を互いに見出したのか。
160704_1.jpg
『侵蝕恋愛Ⅱ蜜月』
ケイは路地裏で出逢った両性具有の少女の「片割れの性」に溺れ込むーー。
『侵蝕恋愛Ⅲ孤児院日誌』
ファーンは明け方の海で亡き母に瓜二つの少女セイレンに出会うーー。
『侵蝕恋愛Ⅳ恋人たちの契約』
一冊の手記がケイを過去へとからめ取るーー。
hyoshi_7.jpg『侵蝕恋愛Ⅴ歴史の花冠』『太陽の家』でケイが見たものとは。

外部リンク



banner_s.png
poplsbn2.gif
banner.gif

ブログパーツ

ブログ開始から

webアンソロジー季刊誌「carat!」(※休刊中)

素敵な作品をありがとうございました。
20160320.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.1 創刊号
20160524.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.2 夏号
20160924_1.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.3 秋号
20160924_2.jpgwebアンソロジー季刊誌「carat!」Vol.4 冬号

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

検索フォーム